Column

家づくりコラム全ての記事

2021年5月31日

間取りの考え方 ~ vol.3 ~

こんにちは、サンハウジングの設計士、瀬川です。

 

間取りの考え方シリーズvol.3の今回は、収納・水回りを中心に家事動線に便利な

間取りのアイデアをご紹介していきたいと思います。

家事動線の考え方やコツについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

>>>間取りの考え方vol.1  >>>間取りの考え方vol.2

動線計画の中でも家事動線の計画は、非常に重要。

効率の良い家事動線でラクに家事をこなせる『間取りの工夫』で、家事の負担が減れば

時間に余裕ができ、家族と過ごす時間、お子様とのふれあいの時間、自分の時間…

など、有意義に過ごすことができます。今回、『間取りの工夫』のアイデアをいくつかご紹介させていただきます。

ぜひお家づくりのご参考にしてみてください。

Idea_01:ランドリールームと洗濯物を干すスペースは、近くに配置する

ファミリークローゼット+ランドリールーム+2Fバルコニー(干すスペース)

ランドリールームと洗濯物を干すスペースは、近くに配置しましょう。

例えば、よくあるケース、『1Fで洗濯をして、2階バルコニーで干す場合』

重たい洗濯物を持って、2階へ移動するのは結構、負担がかかります。

施工事例のように、洗濯したらすぐ近くのバルコニーで干す。

最短で無駄なく移動ができる間取りです。お子様が3人、奥様もお仕事をされているので

家事の中でも洗濯の負担を減らしたいとおっしゃっていました。

 

洗濯→干す→取り込む→なおすがラクに。

このような動線を計画する上で、1階に干すスペースを設けることが難しい場合や

インナーバルコニーで干したい方は、洗濯機を2階に計画することも1つのアイデアです。

次に、バルコニーで干して乾いたら、ファミリークローゼットへなおす。

家族の衣類をまとめて収納できるファミリークローゼットは、家事動線をよくするアイデアの1つ。

それぞれのお部屋に洗濯物をなおしに行く手間がなくなり、移動時間をカットすることができます。

また、洗濯物をなおす作業は、お子様に各自お願いしてみてはいかがでしょうか?

広めのランドリールームを設けることができる場合は、アイロンがけや洗濯物を畳む作業スペースを設けると効率的です。

もし、1つにスペースがまとめられなくても、ランドリールームからクローゼットまでの動線上に

作業スペースを設けておくと、洗濯物を畳んでなおすまで、無駄なくラクに一連の家事をこなすことができます。

みんなで楽しくお手伝い。

 

Idea_02:玄関から家族それぞれの目的に合わせて最短ルートで移動できる複数動線

玄関+ウォークインクローゼット(ウォークスルー)+洗面+パントリー

間口の広い玄関から各部屋に行ける動線計画

お買い物をたくさんして帰宅した時は、玄関からすぐ横のパントリーへ

汚れて帰宅した時は、ウォークインクローゼットを通り抜けて隣接している洗面、お風呂場へ直行。

水回りは、キッチン近くにまとめて配置計画をしています。

家族それぞれが目的に合わせて最短ルートで移動でき、廊下をなくすことで床面積も節約できます。

また、ウォークスルーのシューズクロークは、いつでもスッキリ片付いた玄関をキープすることができ

玄関を広く使えるのでお子さんの支度を手伝うのもスムーズです。

 

Idea_03:キッチン近くに水回りを設ける

対面キッチン+キッチン近くに洗面所+家事スペース

キッチンの近くに洗面、お風呂、ランドリールームなどの水回りを配置する計画もおすすめです。

洗面所をキッチン近くに設けることで、ご飯の準備や洗濯、お風呂の準備など

複数の家事を効率よくこなすことができます。

特に、忙しい朝の時間などにキッチンと洗面所が近いとお子さんの支度を手伝いながら

朝ごはんやお弁当の準備をしたり、洗濯機にスイッチを押して

またキッチンに戻るなど、効率よく複数の家事を同時進行することができます。

また、洗面所と脱衣室を分けて計画することもおすすめ。

洗面所の一角に、アイロンをかけたり、洗濯物を畳んだり作業ができるスペースを設けたいというご要望も多いです。

洗面所兼脱衣室の場合、他の家族が使用していると家事がしづらい、ちょっと不便ということも。

家事動線と生活動線のバランスを考えながら、他の家族が使用中でも気にすることなく

キッチンから最短距離でアクセスできるよう計画することも重要です。

洗濯物を干すスペースは、洗面所からすぐアクセスできる外のお庭で。

施工事例のお庭は、道路から奥まったプライベートなスペースに設けています。

このように1階で干していても気にならないようプライバシー性も考慮して計画すると安心ですね。

キッチン横に設けたお庭は、お外で家族と楽しく過ごすスペースでもあり

洗濯物を干していてもキッチンから様子が伺えるので、大変便利です。

 

 

家事動線の考え方やコツまとめ

 ○水回りをキッチン近くにまとめる

○回遊性を持たせる

○収納は、使いやすい位置に適量な収納を

 家事動線と生活動線を考慮し、回遊性のある間取りの計画をしましょう。

家族の使用が集中する時間帯に家族同士がすれ違うストレスの軽減にもつながります。

また、キッチンを中心に水回りを近くに配置することで、複数の家事を効率よくこなすことができ、家事の時間短縮にもつながります。

 今回は、収納・水回りを中心に家事動線に便利な間取りのアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

お家づくりのご参考になれば嬉しいです。

 

次回更新は6月7日頃 担当は広報より竹内がお届けいたします。

 

木津川市の城山台・州見台・梅美台・加茂で家づくりをするなら

株式会社SunHousing[サンハウジング]へ

【京都本社:注文住宅事業/不動産事業】

〒619-1154 京都府木津川市加茂町駅東3-31 ナント駅東ビル102

TEL:0774-26-6253 MAIL:

[営業時間]9:00〜18:00 [定休日]日曜日

[施工範囲]

京都府:木津川市/相楽郡(笠置町/和束町/精華町/南山城村)/京田辺市/城陽市/宇治市
奈良県:奈良市/大和郡山市/生駒市
<<<その他エリアでもお気軽にご相談ください>>>

[施工事例はこちらから]

公式サイト施工事例ページ>>>

公式instagram>>>

[instagram #さんはうじんぐのお家 で検索♪]

[土地探しや資金計画もサンハウジングへ]

木津川市・奈良市の土地探しはぜひご相談ください。

お問い合わせはこちらから>>>

家づくりのお金のことを相談できるライフプラン相談会開催中!

詳しくはこちらから>>>

【大東支店:不動産事業】

〒574-0046 大阪府大東市赤井1-15-3

TEL:072-871-6253

[営業時間]10:00〜19:00 [定休日]水曜日