Column

家づくりコラム全ての記事

2021年5月18日

間取りの考え方 ~ vol.2 ~

陽がだんだんと長くなってきましたね。最近、朝ものすごく早く目が覚めます。

こんにちは、サンハウジングの設計士、瀬川です。

前回は、間取りを計画する上で、自分たちの今の暮らし”を見つめ直し、

自分たちのライフスタイルにあった間取りの計画の重要性を施工例と交えながらご紹介させて頂きました。

間取りの考え方 ~ vol.1~

今回は、LDKの一般的な間取りのパターンをご紹介させていただきます。

自分たちの望む暮らしのスタイルだと、どの間取りのパターンがいいかな?っと

想像しながらご覧いただけたらと思います。

 

LDKタイプ

LDKタイプは、リビング・ダイニング・キッチンを一部屋にまとめ、広々とした開放感が

生まれる間取りです。特に、LDKを一直線にレイアウトした間取りは視線が奥へと広がり

畳数以上に広々と感じる効果があります。

LDKタイプは、ダイニングとキッチンがひと続きの空間となるため

特にキッチンとダイニングテーブルとの配置関係で間取り計画も変わってきます。

 

対面式キッチン

キッチンとダイニングの間で向かい合ってコミュニケーションがとれます。

キッチンにいるお母さんが料理をしながら、ダイニングにいるお子さまと会話もできますね。

ダイニングからキッチンが見えるため、片付けには気を使うかもしれませんが、気になる場合は

写真の施工事例のように、シンクよりも腰壁を高くし、手元を隠すとすっきりと

気兼ねなく家事作業ができます。

LDKタイプの間取りでは、キッチンは対面式のオープンタイプを

採用するケースが多く、キッチンから家族を見渡すことができ家族で同じ空間を共有したいという方に人気の間取りです。

また、対面式とすることで、背面の壁面側に家電スペースや

キッチン収納を多く設けることができ、開放性を保ちつつ

生活感が出やすい水回り周辺とリビングダイニングスペースと

ゆるやかに空間を分けることができます。

プライベートサロンの家>>>

その他の施工事例を見る>>>

アイランドキッチン

対面式と同様、キッチンとダイニングがひとつながりになった空間にキッチンカウンターを

配置したスタイル。開放感があり、調理中もコミュニケーションがとりやすく、回遊性があり

配膳などの家事動線がスムーズ。施工事例のように、ダイニングテーブルをキッチン横に配置した場合

家族がより身近に感じられ、一緒に調理したり、食事やお勉強を一緒にしたり

キッチンダイニングを中心に家族の時間を過ごすことができます。

アイランドキッチンは、作業場が見えてしまうため、

生活感が見えてしまう…という点が気になる方は、対面式タイプを。

LDKタイプについて、その他、前回ご紹介させていただきました、

間取りの考え方-vol.1-(対面キッチン+リビング&和室ストレートの間取り)もぜひご覧ください。

 

 L・DKタイプ

LDKタイプは、対面式キッチンではなく、壁面にシステムキッチン、近くにダイニングテーブルを配置し

くつろぎスペースとなるリビングをゆったりと設ける間取りが特徴的。

LDKタイプでは、対面式キッチンよりも省スペースに

間取り計画ができるため、リビングを広く設けたい

LDK以外のお部屋、例えば、ランドリルームや1F

クローゼット収納を設けたい…など、他の要素を重視する方におすすめの間取りです。

ダイニングとキッチンがひと続きの空間となることで

家族と気軽にキッチンで一緒に作業する時間がもてたり、一緒に食事を楽しむことができるスタイルとして見直されています。

 

 

 オープンキッチン

キッチンは、I型キッチンと呼ばれる壁面タイプになり、昔から馴染みのある定番スタイルです。

写真のようにL型に計画することも可能。近年は、対面式キッチンを好む方が増え、

LDKタイプの間取りを提案する機会が少なくなってきていますが、
ウッドワンの新商品などDK型ライフスタイルの提案も改めて注目されてきています。

写真:ウッドワンHPより参照(ちっちゃいsu:iji

 最近、こういうキッチン、ダイニングスペースもいいな、と個人的には注目のスタイルです。

LDKタイプでは、写真のように木のぬくもりが感じられる面材を使用した商品だと

温かみのある空間となり、インテリア性も高いDK空間を作ることができます。

 

LD・Kタイプ

キッチンを独立させることで、くつろぎスペースのリビング・ダイニングと空間を分ける間取りです。

キッチンが独立しているため、家事作業に集中でき、他の空間と分けた個別空間となるため

作業性を重視した設備選びも可能。

独立型キッチンでは、水回りと分けてリビングから生活感が見えすぎないように

調理時のニオイや物音を気にすることなく、ゆっくりと映画を観たり、音楽を聞いたり…

くつろぎの時間を大切にしたい方が選ばれる間取りです。

 

独立型キッチン

独立型キッチンでは、家事作業に集中でき、ダイニングににおいや煙が広がる心配もありません。

また、キッチンがダイニングから見えづらいので、キッチンの片付けに

気を使わなくても良いメリットもあります。

ただ、独立した空間を設ける場合、空間が狭いと圧迫感が出てしまうため

広めのお家に適しています。写真のように、室内側に装飾ガラス窓を設けたり

窓を配置すると圧迫感も抑えることができます。

最近は、キッチンが独立している間取りは少なくなってきていますが、

家事ラク動線の間取りとして、独立型キッチンとランドリーを並列させ

家事作業が同時に行えるような間取りを計画してみたり、キッチン設備を

オールステレンスに厨房のようなキッチンスペースにしてみるなど

自分好みの空間を作ってみるのもよいかもしれません。

間取りについて、LDKの配置計画を中心にご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか?

前回の間取り計画 vol.1 でもお話しましたが、よいお家をつくるには、

暮らしの方向性をしっかりと考えて、設計士とその方向性を共有しながら

一緒にお家づくりができたらいいなと考えています。

 

次回は、収納・リビング・水回り・家事動線に便利な間取りのアイデアを

ご紹介したいと思います。お楽しみに!!

 

現在、開催中のSun Housing Month –女性建築士と相談しながら家づくりを学べる2ヶ月間

いよいよ長いイベントも残すところ、あと少し!!

弊社施工事例を使った家づくりや間取りのアイデアを解説し、

設計士と一緒に間取りキットを用いて、間取りを作ってみるワークショップイベントも開催しています。

ぜひ、ご予約・ご来場をお待ちしております。

 

木津川市の城山台・州見台・梅美台・加茂で家づくりをするなら

株式会社SunHousing[サンハウジング]へ

【京都本社:注文住宅事業/不動産事業】

〒619-1154 京都府木津川市加茂町駅東3-31 ナント駅東ビル102

TEL:0774-26-6253 MAIL:

[営業時間]9:00〜18:00 [定休日]日曜日

[施工範囲]

京都府:木津川市/相楽郡(笠置町/和束町/精華町/南山城村)/京田辺市/城陽市/宇治市
奈良県:奈良市/大和郡山市/生駒市
<<<その他エリアでもお気軽にご相談ください>>>

[施工事例はこちらから]

公式サイト施工事例ページ>>>

公式instagram>>>

[instagram #さんはうじんぐのお家 で検索♪]

[土地探しや資金計画もサンハウジングへ]

木津川市・奈良市の土地探しはぜひご相談ください。

お問い合わせはこちらから>>>

家づくりのお金のことを相談できるライフプラン相談会開催中!

詳しくはこちらから>>>

【大東支店:不動産事業】

〒574-0046 大阪府大東市赤井1-15-3

TEL:072-871-6253

[営業時間]10:00〜19:00 [定休日]水曜日